時流の中で、自由になる~新しいカルチャー
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • お知らせ

お知らせ

ハンパじゃない「絵解き」のおもしろさ

絵解きとは、ついこの間の時代まで広く民衆に親しまれた語りの文化です。貴族や知識者たちが学んだ難解な仏教の経典とは違って、お坊さんや後には専門の芸能者たちが、釈迦の伝記だの、お寺の縁起だの、高僧の一代記等々、あらゆる題材を …

「働かないアリに意義がある」を聴いて

役に立たないものの大切さ 古典文学の解釈論も古い言語の研究も、哲学も気の遠くなるような地球や宇宙の研究も、それ自体がどうなろうが、今この時の生活の利便には繋がらない。いや、実はつながっていくのだが、人生という短いスパンで …

「アホノミクス完全崩壊に備えよ」11月29日(火) 浜矩子特別講演会

※この講座は終了しました。 メディアで発表される景気動向の数字や、勇ましい掛け声とは裏腹に、生活は一向に良くならず、実はアベノミクスは崩落寸前か。近著『アホノミクス完全崩壊に備えよ』に書ききれなかったこと、発刊後の状況も …

この秋、おすすめの講演会

創企舎ソフィは、精選した講座・講演会をお届けします。時流の中で、自由になる・・・そんな新しいカルチャーを目指しています。この秋、おすすめの講演会をご紹介します。ご案内➡おすすめ講演会 レギュラー講座はいつからでもご受講い …

アリから学ぶ人間社会「働かないアリに意義がある」

※この講座は終了しました。 「サボっているように見えるヤツが組織を救う」 進化生物学者、北海道大学大学院准教授・長谷川英祐氏による画期的講演会です。働き者のイメージがあるアリの集団の中に働かないアリがいる、そして働かない …

縄文土偶作りレポート3

「臨床心理士と作る縄文土偶」第3回は、いよいよメインイベントである焼成作業です。予め作品を窯詰めしておき、講座前日の夕方から作業に入りました。最初はゆっくりと温度を上げるため、窯の下部にある小さな焚口に点火(写真左)し、 …

台風接近のため、5日(水)の「グレゴリオ聖歌」講座は、11月からに延期

10月5日(水)午後1時半から開講予定の新講座「グレゴリオ聖歌とは?」は、台風18号接近のため日程を順延します。スタートは11月16日(水)、2回目は12月7日、3回目は2017年1月11日に。

10月1日 EU首脳会議の結果は?EU英国離脱問題の余波と影響。「新・ニッポン考」最終回は名古屋学院大学・家本博一教授が登壇

※この講座は終了しました 日本の現状を知り、未来を見据える連続講座「新・ニッポン考~今と、これからの50年」の最終回は、国際経済学のスペシャリストで、特にEUの動向にも詳しい名古屋学院大学教授・家本博一先生が登壇します。 …

「グレゴリオ聖歌」とは? 歴史と旋律の不思議な魅力を解き明かします

この講座は終了しました。 グレゴリオ聖歌(グレゴリアン・チャント)は、西方教会の単旋律聖歌(プレインチャント)の基軸をなす聖歌で、ローマ・カトリック教会で用いられる、単旋律、無伴奏の宗教音楽。現在残されているヨーロッパ音 …

絵解(えとき)の魅力を再発見~聖徳太子絵伝を中心に

※この講座は終了しました。 絵解は仏教とともに日本に伝わり、近代まで広く民衆に親しまれました。貴族や知識層に向けた難解な経典などとは異なり、絵解き師たちが独自の語り口で、釈迦の伝記をはじめ、寺社縁起、高僧伝や合戦に至るま …

縄文土偶作りレポート第2回

縄文土偶作り レポート2 2回目は、いよいよ本番の土偶作りに挑戦します。1回目のレクチャーから2カ月間が空いていましたが、思ったよりすんなりと土に馴染めます。先生によれば、筋肉の記憶は簡単には消えないとのこと。この日は、 …

「ちょっと変わったカントの使い方~化学哲学への招待」9月3日(土)の新・ニッポン考

新・ニッポン考の第4回は、名古屋文理大学教授の落合洋文氏が登壇します。化学哲学という、あまり聞きなれない分野から、「ちょっと変わったカントの使い方」のテーマで話します。日本人として、初めて海外の専門誌に論文が掲載された「 …

「新・ニッポン考」の8月27日は、物理学からみた地球の未来

8月27日(土)の「新・ニッポン考」第3回は、首都大学東京名誉教授・広瀬立成氏が登壇します。物理学の基本法則からみた地球の未来について、「持続性の科学」のテーマで話します。世界で活躍した実験物理学者の思索にご期待下さい。 …

本日(8/17)朝日新聞朝刊に講演会記事を掲載しました

本日(8月17日)朝日新聞朝刊に、講演会の紹介記事を掲載しました。9月13日(火)上野誠万葉集講演会「大愚に生きる~植木等と山上憶良」、11月29日(火)浜矩子講演会「アホノミクス完全崩壊に備えよ」の2つの講演会です。➡ …

「新・ニッポン考」初回レポート!

日本の過去と今とこれからを、いろいろな分野から考える連続講座「新・ニッポン考」が始まりました。初回は名古屋市立大学教授・吉田一彦先生が「日本人の死や宗教をめぐる文化史と現在、そして未来」と題して、歴史学の視点から。「現代 …

佐々木正子先生の日本美術史、来期テーマは江戸~明治の東西画壇について

京都嵯峨芸術大学教授の佐々木正子先生による「よくわかる日本美術史」。次期9月からは「関東・関西、画壇の差異とその流れ」がテーマです。京画壇の根底にある円山応挙の写生画、明治期の東京で日本美術界に何が起きたのか。激動の時代 …

夏期休業日のご案内

夏期休業日のご案内 8月11日(木)~15日(月)まで、講座、電話受付ともお休みします。休み期間中もホームページからのお申し込み・お問い合わせは受け付けます。 お急ぎの方は、時間外番号 090-8474-6363 までご …

「新・ニッポン考」8月6日は、五感と想像力、物語の力

8月6日(土)の「新・ニッポン考」は、哲学の視点から日本の現状、未来を考えます。哲学、美学、独文学が専門で、親しみやすい市民向け講座が好評の、南山大学非常勤講師の加藤博子氏を迎え、「五感と想像力、物語の力」をテーマに。8 …

22歳以下の方は1000円で。

創企舎ソフィで主に土曜、日曜に開講される講座については、22歳以下の方の場合1回1000円でご受講いただけます。忙しく慌ただしい日常のなかで、考える機会、心が豊かに満たされるひとときを少しでも多くの方に持っていただきたい …

新・ニッポン考 7月30日は、日本人の死や宗教をめぐって

7月30日の「新・ニッポン考」は、名古屋市立大学教授・吉田一彦氏が、日本の歴史を見つめなおし、「日本人の死や宗教をめぐる文化史と現在、そして未来」と題し、歴史学の視点から日本の今と未来を展望します。詳細は➡0730新ニッ …

« 1 6 7 8 11 »

鯖街道ルポ

鯖街道ルポ

おすすめ講座

おすすめ講座

サイト内検索

お申し込み

お申し込み

講座一覧

講座一覧

sophy

sophy

ブログ

ブログ記事

twitter

twitter

twitterタイムラン

ウオーキング

ウオーキング

カテゴリー

提携・外部リンク

はこ心理教育研究所

はこ心理教育研究所

伝承文化研究センター

伝承文化研究センター

東海バロックプロジェクト

東海バロックプロジェクト

森のなりわい研究所

森のなりわい研究所

最近のコメント

    PAGETOP
    Copyright © 創企舎ソフィ All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.